紫外線があたえる人体への
影響はさまざまですが、
とくに受けやすいのは、肌と目。
ここでは肌への主な症状と
健康影響をご紹介します。

肌の老化は「光老化」が原因

実は、老化は年齢ではなく「光」が重要。今まで、しみ・しわは体の老化で自然に増えるものだと思われてきましたが、最近では原因のひとつに「光老化」が掲げられるようになりました。肌の老化原因の80%は光老化によるものと言われています。

肌の老化の原因の80%は光老化によるものです。

通常の老化は年齢と共に身体の生理的機能が損なわれていくことですが、光老化は慢性の紫外線傷害として区別されます。光老化の進行の度合いは、紫外線を浴びた時間と強さに比例します。
露出の多い手や顔の肌への影響は顕著となり、手や顔が老化する原因の約8割は光老化が占めていると言われています。年々、皮膚の奥でじわりじわりと進む光老化の影響は、紫外線対策を怠ると、肌の回復が間に合わないほどにしみ、しわとなって表れ、深刻になっていきます。
美しい肌を保つために、しみ、しわ、たるみの原因"光老化"を防ぐUVカット対策が大切です。

肌の老化の原因の80%は光老化によるものです。

サンタン
UVA

サンタンは、UVAによってすこしずつ焼けてしまう日焼けです。黒っぽい色になるのが特徴です。日常の生活の中でおこる日焼けともいえますので、UVAを生活紫外線とも言います。肌への痛みや刺激は少ないですが、美白を目指している人には困ってしまう日焼けです。また、肌への刺激が少ないとはいえ、長期的に浴びていると肌の老化を早めてしまうので、浴びすぎるのは禁物です。

サンタン

しわ・たるみ
UVA

波長の長いUVAは、地表に届く全紫外線のうち約95%を占め、肌の奥にある真皮層にまで達すると考えられています。そのため、繊維芽細胞という肌のハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す細胞を損傷させて、しわやたるみといった症状を引き起こす原因になります。

しわ・たるみ

サンバーン
UVA

サンバーン(サン=太陽・バーン=やけど)は、UVBによって肌が一気に焼けてしまう日焼けで、肌が赤くなるのが特徴です。海や山などのレジャー時に起こる日焼けで、UVBをレジャー紫外線と言ったりします。肌が痛くなったり、かゆみが出たり、また水ぶくれとなり肌が剥けたりするため、その後も肌にしみや跡が残りやすくなります。

サンバーン

しみ・そばかす
UVA

波長の短いUVBは、全紫外線の約5%を占めます。肌の表面で吸収されるため、肌の奥の真皮層まで達することはほとんどありませんがUVAより強いエネルギーを持ちます。表皮に影響を与え、細胞を損傷して、しみやそばかすといった症状を引き起こす原因になります。
肌は一度浴びた紫外線を記憶して、時間をかけてやがてしみをつくります。顔は特にしみができやすくて、しみができてからでは消すのはとても大変です。

しみ・そばかす

紫外線アレルギー
(日光過敏症)

紫外線アレルギーは別名・日光過敏症とも呼ばれています。この紫外線アレルギーになってしまうと紫外線を浴びるたびに肌が真っ赤に晴れてしまったり、湿疹が出来たり、酷いかゆみを感じるようになります。 症状が悪化すると、じんましんになったり、水膨れが出来たりする病気です。
紫外線アレルギーは紫外線を浴びた時にできたアレルゲンともいう光抗体が働くことで、アレルギー反応が起こってしまうことが原因です。
一度作られてしまったアレルゲンは無くなることはなく、紫外線を浴びるたびにどんどん増えていきます。一度発症した人は、ほぼ完全に治すことは不可能です。ですので、予防として日頃からの紫外線対策が大切です。

免疫機能低下

肌に紫外線を浴びすぎると、細菌やウイルスに感染しやすくなったり、体調を崩しやすくなることをご存知でしょうか? 特に女性の体はデリケートですから、体調の変化が肌に影響してきます。肌が荒れやすくなり、メイクがうまくのらない、なんてこともおこります。皮膚には「ランゲルハンス細胞」というものがあり、異物の侵入をいち早く「免疫システム(リンパ球)」に伝える働きをしています。
しかし、紫外線を浴びすぎてダメージを受けたランゲルハンス細胞は、機能が低下して、細菌やウイルスが皮膚から侵入しても免疫システムに情報を伝えられず、そこから感染してしまう恐れがあります。紫外線を浴びる量が少量であれば、その紫外線を浴びた場所だけ免疫機能が働かなくなるのですが、大量の紫外線(UVB)を浴びた場合、紫外線を浴びた皮膚だけでなく、全身の免疫機能が抑制されることが分かっており、注意が必要です。

皮膚がんの種類

紫外線のもたらす皮膚がんの種類も様々あり、そのなかでも日本人に発症率の高いと言われる「有棘(ゆうきょく)細胞がん」「基底(きてい)細胞がん」をご紹介します。

「有棘(ゆうきょく)細胞がん」
表皮の中間層を占める有棘層を構成する細胞から発生するがんで、日本人に多い皮膚がんのひとつです。毎年日本人10万人あたり約2.5人がこのがんにかかっていると推定されています。このがんの誘因として一番に考えられるのは紫外線の関与です。特に中波長紫外線(UV-B)は皮膚がんの発生に大きな影響を与えています。短期間に大量の紫外線を浴びるのはもちろん、子供のころからの蓄積の影響でもがんが発生しますので、人口の高齢化に伴って、顔や首、手の甲など日光の当たる部分の有棘細胞がんは増えています。
「基底(きてい)細胞がん」
基底細胞がんは、表皮の最下層である基底層や毛包などを構成する細胞が悪性化したものです。日本人に最も多い皮膚がんで、毎年10万人あたり5人以上がこのがんにかかっていると推定されています。基底細胞がんは全体の約80%が頭と顔に発生することからも、太陽光線(特に紫外線)によって引きおこされる可能性が非常に高いと考えられています。近年、人口の高齢化とともに発生数が増えているのも、長期間にわたって紫外線を浴び続けた悪影響のためであろうといわれています。
発生数は50歳を超えると目立って増えはじめ、年齢とともに増加し続けます。有棘細胞がんと同様に、通常のがん年齢よりも高齢者に多い傾向があり、60歳代が全体の約25%、70歳以上が全体のおよそ45%を占めています。