しわ・たるみ・しみの
原因になる“紫外線”。
改めて紫外線のこと、
理解してみましょう。

UV-Cはオゾン層で吸収されるため地表には届かない。

太陽光とは?

日焼けや、しわ・たるみ・しみを引き起こすのは太陽の光です。原因は光の波長に含まれる紫外線(UV)にあります。毎日ふりそそぐ光を知り、美肌を保つための正しい知識を紹介します。
太陽の光は、可視光線・赤外線・紫外線の3つに分けられます。明るさとして目で見ることのできる"可視光線"。紫外線の悪影響を増長させる"赤外線"。そして、目に見る事も感じることもできませんが、美肌と健康にとって大きな影響を与えるのが“紫外線(UV)”です。

UV-Cはオゾン層で吸収されるため地表には届かない。

紫外線(UV)の種類

紫外線は"UV"と呼ぶことがありますが、これは英語で言った場合の「ultraviolet」(ウルトラバイオレット)の略称です。そして、この"UV"に含まれる波長は、さらに細かく、"UVA"、"UVB"、"UVC"と3つに分けられています。
UVAの中でも、最長波領域を「Deep UVA」と呼びます。

紫外線種類と波長について

UVC
  • 100〜280nm
  • 大気層(オゾンなど)で吸収され、地表には到達しない。
UVB
  • 280〜320nm
  • 大気層(オゾンなど)で吸収されるが、一部は地表に到達する。
UVA
  • 320〜400nm
  • 物質を透過しやすく、雲などの影響を受けにくい。
Deep UVA
  • (内)Deep UVA
    370〜400nm
  • 物や人体への透過率が高い

紫外線が人体に与える影響は?

光に含まれる“紫外線”が肌にあたえるダメージはさまざまです。
対策の為にも、もっと詳しく紫外線を知る事が必要です。

地上に届く各紫外線
(UVA、UVBについて)

地上に届く各紫外線(UVA、UVBについて)

紫外線は波長によって人体に及ぼす影響が違います。波長が短いUVBは肌の表皮まで届き、サンバーンやしみ・そばかすを引き起こします。また、波長が長いUVAは真皮まで届き肌のハリや弾力を失わせて光老化(しわ、たるみ)を引き起こす原因になります。特に最長波長域の「Deep UVA」は肌の奥深くまで入り込み、光老化を増長します。

紫外線量の比率

地上に届く紫外線量の実に95%を占めるのがUVAです。その内「Deep UVA]」は約50%を占めます。UVAは波長が長い為、雲も透過して1年中降りそそぎます。

地上に届く紫外線 UV-Aが95%

地上に届く各紫外線の
強度比率

(地上に届くUVA波のうち、「Deep UVA」は約50%を占める)

地上で測定した太陽の分光スペクトルは、
縦軸に光のエネルギー密度(W/m2/nm)、横軸に波長(nm)を示す。

参考文献)
富士フイルム株式会社 ニュースリリース(発信日:2014年11月13日)
「紫外線最長波領域「Deep UVA」(波長370~400nm)の可視化に成功!
地上に届く紫外線UVAの約50%を占める「Deep UVA」が肌深部へ到達することを確認」  掲載URL(2015.3.30現在)

肌の老化は「光老化」が原因

「紫外線の中で特に長波長のUVAは皮膚の奥深くに入り込み、コラーゲンやエラスチンを変性させ、皮下組織の支えを弱め、しわ・たるみを生じさせます。
更には、UVBと共に皮膚がんの原因にもなります。
これが「光老化」と言われるもので、肌の老化原因は光老化が80%に及ぶと言われています。

紫外線は波長が長いほど皮膚の奥深くに入り込む特性があり、またUVAは、地上に届く紫外線全体の95%を占めることから、しっかり長波長域の400nmまでUVケアを行うことが大切です。」

肌の老化の原因の80%は光老化によるものです。肌の老化の原因の80%は光老化によるものです。

従来のUVカットガラスでは「Deep UVA」が
カットできていない!?

販売されている車に装着されているフロントガラスはすべてISO-9050基準が採用されています※。これは建築業界での基準で紫外線波長域を280〜380nmとすることを意味します。そのため紫外線カット率が99パーセントと表示されていても、「Deep UVA」の波長域の「380nm〜400nm」をカットできていないことになります。
これに対し美肌ガラスは医学・美容業界の基準であるISO-13837-Aが採用されており、400nmまでの「Deep UVA」を99パーセントカット出来ているのです。

※2018年1月現在 従来のUVカットガラスのUVAカット量 - 美肌ガラスのUVAカット量