UVカットの美肌ガラスで車の紫外線対策を

  • 早分かり美肌ガラス

    美肌ガラスを丸ごと早分かり

  • お問い合わせ

    美肌ガラスのお問い合わせはこちら

  • Facebook

    美肌ガラス公式Facebookページはこちら

  • グラスピット

    フロントガラスの交換や修理等、
    自動車ガラスのプロショップ

ニュースリリース

美肌ガラスの交換と修理

美肌ガラスの交換と修理は、お近くのグラスピット加盟店にて承っております。お気軽にお問い合わせください。

ガラスの交換と修理について
BIHADA GLASS 美肌ガラス ブランドTOP
HIRS_photoaging_banner

対策は万全? 紫外線とUVカット

光に含まれる“紫外線”が肌にあたえるダメージはさまざまです。対策の為にも、もっと詳しく紫外線を知る事が必要です。

紫外線、UV-A・UV-Bとは?

あなたは紫外線の肌にあたえる影響と違いを知っていますか?

紫外線を浴びすぎると人の健康に影響があることが、多くの研究によりわかってきました。世界における紫外線増加による健康影響は年々増加傾向にあります。急性のものでは、日焼けによる肌の防護能力をなくし、感染などへの免疫機能の低下させる作用があります。慢性のものでは、皮膚への影響としてシワ 、シミ、たるみ、良性腫瘍があげられます。 目の病気では、目の水晶体が白く濁って視力の低下する白内障などが分かっています。

地表に届く紫外線の波長は“UV-A”と“UV-B”に分けられ、それぞれがもつ影響に違いがあります。 UV-A は、波長が長く、雲や霧、窓ガラスを通過し、皮膚深部の真皮にまで到達し光老化を引き起こします。 UV-Bは、皮膚や眼に有害といわれ、日やけを起こしたり、皮膚がんの原因と言われています。

紫外線の波長区分と呼称
呼称 波長(nm)
長波長紫外線 UV-A 315-400 太陽があればいつでもあります。
光エネルギーはUV-B、Cより小さいです。
中波長紫外線 UV-B 280-315 成層圏オゾンが減少すると増加します。
光エネルギーはUV-Aより大きいです。
短波長紫外線 UV-C 100-280 地上に届かず、殺菌灯から出ています。
光エネルギーはUV-Bより大きいです。
UV-AとUV-Bの肌への到達の違い

光老化があなたの肌にダメージをあたえる

あなたは知っていましたか? 老化は、年齢ではなく「光」が重要だったのです。
今まで、シミ・シワは体の老化で自然に増えるものだと思われてきましたが、最近では原因のひとつに「光老化」が掲げられるようになりました。「光老化」とは、ひとことでいうと紫外線が皮膚細胞にダメージを与えて、老化させるということです。

通常の老化は年齢と共に身体の生理的機能が損なわれていくことですが、光老化は慢性の紫外線傷害として区別されます。光老化の進行の度合いは、紫外線を浴びた時間と強さに比例します。
露出の多い手や顔の肌への影響は顕著となり、手や顔が老化する原因の約8割は光老化が占めていると言われています。年々、皮膚の奥でじわりじわりと進む光老化の影響は、紫外線対策を怠ると、肌の回復が間に合わないほどにシミ、しわとなって表れ、深刻になっていきます。
美しい肌を保つために、シミ、しわ、たるみの原因"光老化"を防ぐUVカット対策が大切です。

光老化イメージ写真

紫外線が人体にあたえる影響

紫外線があたえる人体への影響はさまざまですが、とくに受けやすいのは、肌と目です。
主な症状と健康影響をご紹介します。

【肌への影響】

日焼けや、シミ、そばかす、シワ、たるみ

皮膚がんのうち有棘(ゆうきょく)細胞がん、基底(きてい)細胞がんは、
頭や首といった日光に強くさらされる部位にできやすいがんです。

とくに、UV-Bが有棘(ゆうきょく)細胞がん発生に関連することはよく知られています。
皮膚細胞のDNAはUV-Bを吸収し、そのエネルギーによりDNAの一部に傷がつきます。
傷ついたDNAは修復されますが、何度も傷つけられると修復の過程でエラーを起こし、
これが がん化を引き起こすと考えられています。

【目への影響】

日差しが強い時に「何となく目が疲れる、痛い」と思ったことはないですか?
お肌は日焼け止めを塗って保護していても、目は無防備なままです。知らず識らずのうちに目が紫外線に攻撃されている可能性があります。

目では、水晶体が濁って物が見えにくくなり、
やがて失明にいたる白内障が、UV-Bの増加で増えると予想されています。

紫外線量の多い地域と少ない地域に住む人の間で、
白内障の有病率や進行度の異なることが、疫学調査で明らかになっています。

---

オゾン破壊によって、皮膚がんや白内障がどのくらい増えるかについての報告がありますが、紫外線の影響が強いと考えられる場合は、活動をできるだけひかえ、状況に応じた対策を講じることが効果的です。

病名をクリックすると、さらに詳しい情報がご覧いただけます。
紫外線の種類と主な人体作用
UV-A UV-B

紫外線の強弱と日差しの強弱

1日の中での紫外線の変化から、1年を通した変化まで。紫外線の強弱と日差しの強弱についての情報を紹介します。

1年中、気づかないうちに肌にダメージを与えているUV-A

UV-Aは1年間を通じて日の出から日の入りまで降り注ぎ、皮膚に届く紫外線量の実に約95%を占めています。長い時間をかけ、気付かない間に肌に悪影響を及ぼしているUV-Aは、見えないからこそ毎日の対策とケアが重要です。

地表に届く紫外線 UV-Aが95% 一日合計UV-Aの月平均値(KJ/m3)年間で5月〜8月がピーク 一年を通して多く ピークが42%

夏場にピークを迎えるUV-B

UV-Bは直射日光に多く含まれ、日差しの強くなる夏場、10時~14時の間では、1日に降り注ぐ紫外線量の実に60%が集中すると言われています。日差しの強い日や季節では、特に肌への直射日光をさける対策が“UV-B”には有効的な対策です。

UV-Bのピーク!10h〜14h 一日合計UV-Bの月平均値(KJ/m3)年間で5月〜8月がピーク 日差しに注意 夏期が53%

曇った日は日焼けしにくいは大間違い!

実は、曇った日でも紫外線は肌を通過しています。曇り空では、快晴時に比べ、地表に到達する紫外線のUV-B波は減少していますが、UV-A波の量はほとんど変わりません。薄い雲の場合だと、紫外線の80%以上が届いているといわれるほどなのです。また、家の中にいても、紫外線は窓ガラスを通過して部屋の中に入ってきますので、目に見えて熱さを感じる光への対策のみでは、日焼けは防げないのです。

冬の間の紫外線対策は大丈夫?

一般的に冬の紫外線は弱いといわれていますが、雪が降った場合は注意が必要です。それは、通常の日差しに加え、積もった雪に反射した光と、2倍の紫外線を浴びることになり、その量は夏とほぼ変わらなといわれています。雪の日やウィンタースポーツなどでは、照り返しに含まれる紫外線にも特に気をつけなければなりません。
また、夏に生成されたメラニンがそのまま蓄積されていると、次の季節まで持ち越し、シミの原因になってしまいます。冬だからと安心せず、1年をとおした日焼け対策・肌のケアは重要です。

IRカットで日焼けを増長させる赤外線の対策

紫外線のほか、光に含まれる波長、赤外線にも十分なケアが大切です。赤外線は、肌の日焼けを熱により強め、紫外線のもつ悪影響をさらに増長させる作用があるといわれています。日差しの強い日など、日焼け止めやIRカットなど、紫外線とあわせた対策が効果的です。

未来の為にはじめる 子供を守る世界の紫外線対策

美しい人の秘密。美肌ガラス 続きは次のページへ

< 太陽の光とオゾン層へ